受け容れることと手放すこと

つい最近、誰かが「受け容れることと同じくらい大事なのが手放すことだ」と言ったのを聞いた。どこで聞いたのか誰の言葉だったのか、まったく思い出せないけどいつになく胸に沁みて印象に残っている。

本当にそうよね!

心という容れ物も容量があるだろうし、詰め込むだけでは苦しくなりそう。だから”捨てる”のでも”諦める”のでもなくて手放すのだ。この考え方は若い時にはなかったな。とすると、やはり老いてくると取捨選択が必須になってくるのかもね。

そもそも私の場合、好奇心が強く欲張りだから、なんでも取り込んでしまう傾向がある。若いときはエネルギーも充満していたし、体力もあったからさほど困らなかったけど、さすがに後期高齢者ともなるとそんな元気はない。老い相応の衰えは自然の摂理だものね。
つまり、若さに任せて集めて溜め込んだものを仕分けする必要があるってこと。いわば心の断捨離。ま、あらためて仕分けなくても、おのずと整理されていくみたいだけど。

そうでなくとも最近とみに忘れる。自分で呆れるくらい忘れてしまう。
家族は「認知症は早めに対処すれば進行を遅らせることができる」から早めに報告せよというけれど、自分の場合、病的な物忘れだけではないのではないかと思っている。

忘れっぽいのは若いときからで、要は、覚える必要性がないと意識下で判断しているのではないか。そこから興味のあることはすぐに覚えるけど無いものは片端からザルのように流れ落ちていくという困った傾向になったようだ。
ワガママと片づけられればそうなのだけど。

たとえば数学。10段階評価で、国語古文漢文は10、数学は2というアンバランスぶり。数字を見ただけで拒否反応が起きるという有様だった。そのまま大人になって特に困ることもなかったから「なんだ要は必要なかったんじゃないの」と正当化したものだ。

でもね、数年前から「数学って本当は面白いんじゃないの」という考えがしきりによぎるようになったのよ!自分でもびっくり。そんなある春の日、ポスティングされていた手書きのコピー。”数学公開講座のお知らせ”とある。七里ガ浜の〇〇さんという方の受講生募集広告だ。

募集対象は
(1)中学生、または高校生
(2)数学や物理の勉強をしたいと考えている方
(3)数学検定・算数検定を目指す小中高生
(4)上記以外で希望される方
とある。さしずめ私の場合は(2)かしらね。

このちらしが私を強く惹き付けたことに驚愕した。う~ん、いまさら? 月謝もかかることだしなあ。でも未知なる世界が広がるかもしれない。ずっと苦手だと思っていた数学は、もしかしたら美しい世界なのかも・・・といった想いが千々に乱れる。
だから、いまだにこのチラシをきちんと折り畳んで手帳に仕舞い込んであるのよ。
さてさて、この思いはいつ手放すのやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です