備前から吹く風

鳴瀧窯のデミタスカップ

横浜高島屋で開催中の安藤騎虎さんの備前焼器展に行ってきた。
騎虎さんとの交流はかれこれ十数年になるだろうか。初々しかった彼が青雲の志に燃えていたことが印象的だった。
備前というと格式の高いイメージがあり、一般の人にはどうしても敷居が高く感じてしまう。騎虎さんは備前をもっと用の美として人々に愛でてもらい暮らしの中で自由に使ってほしいと願っている。その気持ちは痛いほどわかる。それというのも数年にわたり和食器の作家物の器展を手掛けたことがあって、まったく同じ想いを抱いていたからだ。

続きを読む →